VOICE

とちぎご夫婦トーク

感謝と思いやりと、サプライズと‥

結婚一年目の彰さん(仮名32)、智美さん(仮名32)ご夫妻

さて、初回のVOICEは、結婚間もないお二人にお会いしてきました。まだ新婚!でもどこか落ち着いた夫婦らしさ?も漂う、幸せオーラがいっぱいの彰さん(仮名32)、智美さん(仮名32)です。
お二人の生活が始まり一年も経つと、お互いの理解もすこしずつ深まってくるころでしょうか。
どんなエピソードがお聞きできるのか、興味深々。。 さっそくお話を伺ってみましょう!

※年齢は2020年10月現在

結婚したいと思ったきっかけは?

彰さん

30歳を過ぎたころからですね。結婚は、ちゃんと家族を養えるような経済力を持ってからにしようという思いが強かったので。それで30歳を過ぎて、そろそろかなと思うようになって。結婚相手はしっかりとした方がよかったので、相談所も信頼できるところがいいと思い、とちぎ結婚支援センターを選びました。

智美さん

27、8歳くらいで焦りが(笑)。周りの友達も結婚する子が増えてきて結婚を意識しはじめました。

お互いの第一印象を教えてください。

彰さん

(登録者の中から智美さんを見て)いい人がいるなと思いました。一度お会いしたいと思い、お引き合わせを申し込んだところOKをもらえて。センターで初めて会って、よりいいなと感じました。

智美さん

私も感じのいい人だなと思いました。逆に、こんなにしっかりしてる人なのに、何で今まで結婚 しなかったのかな?いい人がいなかったのかな?と思ったくらいで。

交際中の思い出や印象的なエピソードを教えてください。

彰さん

お互いのタイミングが合わなくて、3週間くらい会えなかったことがあったのですが、その時にすごく頻繁にLINEを送ってくるのではなく、ちょうどいいタイミングで送ってくれたんですよね。今になって思えば、それも結婚の決め手の一つになったのかもしれません。お互いに波長が合うというか。

智美さん

あまり送りすぎても返信するのが大変かなと思って。

交際中の連絡の頻度って悩みどころですよね。
そういうことが負担になる人方もいらっしゃいますし。

智美さん

付き合い始めたころに「連絡の頻度はこのくらいで大丈夫?」というのを彰さんの方から確認してくれました。

彰さん

頻繁に連絡した方がいいのか、LINEよりも週に1回でも実際に会った時の時間を大事にした方がいいのか、先に聞いておいた方が相手の負担にならないかなと思ったので。

なかなかそこまで気配りができる男性はいないですよね。
智美さんも気配りができる方で、何となくお二人の空気感が似てる感じが伝わってきます!
でも会えなかったり、連絡がない日が続いたときは、寂しく感じることもあったのでは?

智美さん

今日は連絡こないのかな、忙しいのかなとか、ちょっと気になるときはありましたね。でも割と水曜日に連絡をくれることが多かったので。水曜日に連絡がないときは木曜日だったり。

彰さん

連絡するのはだいたい水曜日か、デートの前日でしたね。

女性からすればうれしいですよね、「きょう水曜日だ!」とか。
交際中にいろんな場所にも出かけたと思うのですが、思い出の場所などはありますか?

彰さん

東京スカイツリーに行ったときのことが印象的ですね。私の誕生日だったのですが、事前にスカイツリーの入場券を買っていてくれて、入場前にお祝いのディナーとしてレストランも予約してくれていたんですね。スカイツリーに行こうって話はしてたのですが、レストランの予約までしてくれていたのは知りませんでした。そこでいろいろ話をしていたら盛り上がっちゃって、結局、スカイツリーに登る時間に間に合わなくなってしまって…(笑)

バースデーサプライズということで、彰さんもうれしかったのでは?

彰さん

うれしかったですね!何よりも、自分のためにこれだけ準備してくれたんだっていう気持ちがうれしいですよね。でもその後、まだスカイツリーには行けてないんですよ。次に行くときはちゃんと登ろうと思っています!

結婚のタイミングはいつ頃から意識しましたか?

彰さん

交際から半年たったらプロポーズしたいと考えていました。結婚を意識できる人じゃなければ、付き合おうと思わなかったので。3カ月付き合っていいなと思ったら、その後、さらに3カ月付き合ってプロポーズしようと。

智美さん

私も付き合って半年くらいかなと思ってました。付き合い始めたころから、この人がいいなと思ってたので、いつプロポーズしてくれるのかなと(笑)。

プロポーズのシチュエーションは?

彰さん

ディズニーランドに行ったときです。園内の「カリブの海賊」が見えるレストランで食事して、その後、「渡したいものがあるんだ」と言って(妻の指のサイズに合わせた)指輪を渡し、「結婚してください」と伝えました。

よく指輪のサイズが分かりましたね!

智美さん

私も「何でサイズ分かったの」って聞きました。

彰さん

手をつないだとき、私の小指と彼女の薬指がほぼ同じ太さだったんですよ。その後も何回かつなぐたびに確認して、同じくらいだと確信して。あとはお店に行って、自分の指で何号くらいかを確認して。一生に一度の記憶に残ることなので、指輪はサプライズで渡したかったので。

なるほど…こっそりリサーチされたんですね!
ぴったりの指輪を渡されて、どういう気持ちでしたか?

智美さん

ただただ、うれしいしかなかったですね!私からは彼が欲しがっていた野球のグローブをプレゼントしました。

彰さん

一生大切にします!

~生活や考え方に変化も~

プロポーズの翌年の11月22日(いい夫婦の日)に入籍されたそうですね。
入籍から約1年になりますが、生活や考え方など、結婚前と結婚後で変わったことはありますか?

彰さん

私は周囲から、「考え方が柔らかくなったな」と言われるようになりました。交際前までは、仕事もマルかバツで考えちゃうことが多くて。「これはOK」「これはダメ」とか、いいか悪いかで決めてしまい、その中間がないみたいな。

今の彰さんはとてもそんな風には見えませんね。
結婚して、二人で暮らすようになって、考え方が変わってきたのですか?

彰さん

妻の優しい雰囲気に影響されましたね。こういう考え方もあるんだみたいな。今までは頑固に耳を傾けなかったようなことも、まず相手の考えを聞くようになったと思います。両親や友達からも、変わったと言われるようになりました。

智美さんは何かありますか?

智美さん

すごくズボラだったんですけど(笑)仕事も家事もちゃんとするようになったと思います。夫が仕事をすごく頑張っているので、それを見て自分も頑張らなきゃと!料理も母に教わって、最低限のものは一通りできるようにしました。

~感謝を言葉にすることが大事~

お互いの好きなところ、尊敬しているところは?

彰さん

ちょっとしたことでも「ありがとう」って言ってくれます。妻はいろんなことに対して感謝の心を持っている人なので、自分も少しでも近づければいいなと思っています。この前も、ちょっと空いた時間にお風呂掃除をしただけなんですが、きれいになったお風呂を見て洗ったのが分かったみたいで「掃除してくれてありがとう」って言われました。自分としては特別なことをしたつもりではなかったのですが、やはり感謝されると、こちらもうれしいですね。

智美さんから見た彰さんの好きなところ、尊敬しているところは?

智美さん

どんな料理を作ってもおいしいと言ってくれるところですね。ちょっと失敗しちゃって「あんまりおいしくないよね?」と言っても、「そんなことないよ!」って、残さず食べてくれます。

彰さん

気持ち込めて作ってくれたことがうれしいので。たまに「おいしくないでしょ」って言われることがあるんですけど、全然そんなことはなくて。作ってくれたものを残すのも嫌ですし、もともとたくさん食べる方なんで!

「ありがとう」も、「おいしい」も長く生活するとそれが当たり前のことに感じてしまいがちですが、やっぱり言葉で伝えることって大事ですよね。改めて結婚してよかったこと感じることは何かありますか?

彰さん

定番ですけど、仕事から帰宅した時に家の中が暗くないことですね。一人暮らしの時は、冬の寒い時季は真っ暗な部屋に電気を点け、暖房をつけという日々だったので。今は玄関で「今日も疲れたでしょ、ご飯作るね」とか言ってくれるので、うれしいですね。

智美さん

やっぱり一緒にいられる時間が長いので、二人で時間を共有できるところですね。どうでもいいささいな話でも、すぐに話せるのがうれしいですね。結婚前は実家暮らしだったのですが、みんな私の話をちゃんと聞いてくれないし、親と話しても、「ふ~ん」で終わってしまって…。彰さんはちゃんと、そこから話を広げてくれますね。

これから、どんな家庭を築きたいですか?

彰さん

失敗を笑い合えるような夫婦がいいですね。子供ができたら、子供の失敗をきつく叱るんじゃなく「こんな失敗しちゃったんだハハハ」みたいに、柔らかい雰囲気でできたらいいかな。

智美さん

穏やかで仲良く。おじいちゃん、おばあちゃんになっても手をつないで歩きたいですね。

 

明るく朗らかな印象の彰さん、智美さんご夫妻ご夫婦。
ご結婚後、智美さんの優しい雰囲気や、相手に対する感謝の気持ちが、彰さんの価値観や考え方に良い影響を与えているというお話がとても印象的でした。
お互いに思いやりと感謝の気持ちを大切に!これからもお二人で益々素敵な家庭を築いていってください。

TOP